teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


7月14日

 投稿者:今関弘道  投稿日:2007年 7月 5日(木)06時16分5秒
   サンダウナへ。懇親会には出られるのかな。パリ祭の話など聞きたいね。それとも映画、好きなクラシック?!
 usotukitunetyann,husaitisannへ。モクサイ通信をまとめ終わったところです。6月中と思っていたのだけれど、遅くなっています。伊藤仁斎とソクラテス、一言でまとめたいと思うのだけれど、今の段階ではなかなか。もうちょっと、お二人のレポートを聞く必要があるようにおもっています。昨年150光年を一年間で駆け抜けたと言いふらしているのですが、宇宙=自然の旅の中で得た、運動する宇宙の無限の連関、したがって物質=自然の統一性を確信しているのですが、自然の運動がわが思惟の運動によりよく反映されていないようです。思考として二元的、三元的に流れざるを得ない。かの朱子でさえ二元論といわれているのだから、それでもいいように思うのだけれど、宋の時代から何百年が経過している、自然科学・社会科学もそれなりに進化している、だとすれば多元論に安住しているわけにも行かないし。でも仕方がない、自らの地歩をふまえて、一歩一歩か、最後の言葉は、よろしくということかな。
 
 

6/17問題を出すの解答

 投稿者:柏木恒彦メール  投稿日:2007年 6月20日(水)21時34分50秒
編集済
  今日、春秋左氏傳莊公をHPの「朱子学の基本となる書」に載せることで自分なりの答えを出した。「之に従う」も「之を従[お]う」も、意味は同じだということとした。それが正しいということではないが、とりあえず、こう読んだということである。興味のある方は莊公傳32年を見て下さい。  

やはり、年金漏れ対策は無理筋だ

 投稿者:柏木恒彦メール  投稿日:2007年 6月19日(火)20時06分14秒
  自民党の年金漏れ対策は無理筋だ!しかし、今は何とか失われたものをある程度すくい上げるしかないのかも知れない。サンプロで田原が大村に、「それで失われた年金は0になるのか?」と訊ねたのに対して、大村は答えていない。田原ができないことを知っていて質問するのも程度が悪いが、真正面から答えない大村も悪い。完全に解決することなんか不可能だということを国民は知っておる。  

同感!

 投稿者:SUNDOWNER  投稿日:2007年 6月18日(月)23時04分16秒
  確かにサンプロの大村秀章は見苦しかった。あんまり面白んでビデオ録りしたものを2度見たが、お笑い番組以上に笑えた。で、徹頭徹尾喋りまくったが、何をいったのかもサッパリわからないのも不思議千万。たぶん、当人もワカラナイだろう。年金問題では自民党の議員は出たがらないだろうが、大村は籤運が悪いのかで出たがりかは知らないが、子供には見せない方が徳育上有益だ。公明党も自民党の太鼓持ちで存在感なし。片山虎之助も例の大声で、朝から岡山から毎週喚き立てる。日曜に心の洗濯をする人には片山が出てきたらテレビから離れるがよろしい。  

問題を出す!

 投稿者:柏木恒彦メール  投稿日:2007年 6月17日(日)19時38分8秒
編集済
 

問題を出す。
春秋左氏傳莊公傳三十二年の語からである。
「初、公築臺臨黨氏、見孟任、從之。閟。而以夫人言許之。」
この中の「從之」をどの様に読むかということである。
文意は、「初め、莊公が楼台を築いた。その楼台に上ると黨氏の家が見えた。そして、そこに孟任がいるのを見て、「從之」。しかし、孟任は承諾しない。そこで、自分の本夫人にすると莊公が約束したので、孟任はその申し出を承諾した。」ということ。
秦鼎の読みは、
「初め、公臺を築きて黨氏に臨み、孟任を見て、之に從わんとす。閟[と]ず。而して夫人の言を以て之を許す。」である。
漢籍國字解全書の読みは、
「初め、公臺を築きて黨氏に臨む。孟任を見て、之に從[お]う。閟[と]ず。而して夫人の言を以て之を許す。」である。
全釋漢文大系の読みは、
「初め、公臺を築きて黨氏に臨む。孟任を見て、之を從えんとす。閟[いな]む。而して夫人にせんとの言を以てす。之を許す。」である。
全釋漢文大系の「之」がしっくり行くと思うが、何故、他は「之」と言うのだろう?誤字では無い様である。「之に從わせんとす」か?
さて、「從之」はどの様に読みましょうか?

 

楽しんで来て下さい

 投稿者:柏木恒彦メール  投稿日:2007年 6月 9日(土)18時41分36秒
  今関さん、長期の旅行ですね。親交を深め、また、楽しんで来て下さい。きっと、活力になることでしょう。酒はセーブする心掛けがあればよいのです。傍らに奥さんがいるのだから。但し、資料は頑張ることを期待します。
今関さんが北見に行っている間に、こちらでは、北見から牛が来る予定です。私はこの間、相変わらず、牛と春秋に埋没することとしましょう。
 

札幌・北見の方へ

 投稿者:今関弘道  投稿日:2007年 6月 9日(土)18時17分15秒
  明日から23日まで、北海道へ行ってきます。課会の案内、モクサイ通信は帰ってから出します。自然誌ノートと諸子百家ノートの資料を持って行きます。あんまり飲まないようにしよう、資料を役立てようとは、現在時点の決意です。  

諸君、明日は課会だぞ!

 投稿者:柏木恒彦メール  投稿日:2007年 6月 1日(金)20時59分6秒
  明日は課会だ。講義担当者は今日、会社を休んで原稿を書いているのでは?それがいいんだ。みんな、集まろうぜ!!  

亦もや山椒

 投稿者:柏木恒彦メール  投稿日:2007年 5月23日(水)19時00分19秒
  うーむ。山椒の佃煮ですが、葉っぱの佃煮を一度試みて下さい。かなりの衝撃となると思います。山椒で魚を捕ったことはないが、あの棘を嘗めて鼻にくっ付けて遊んだなぁ。  

山椒

 投稿者:今関弘道  投稿日:2007年 5月22日(火)08時28分40秒
  (1) うそでもいいから、ガンにならないでほしいね。
(2) 山椒の佃煮……山椒の実を醤油で煮ただけ、砂糖その他なし。これがいいです、口元がしびれる。これで酒を飲むと最高。ふぐに卵巣だか肝だかを、加えての料理もこのようなものなのでは、とも思う。千代田の吉岡さんの作品。かつて千代田では、河に(沼に)山椒の木の束を投げ込んで、魚を捕ったとのことです。山椒を投げ込むと、魚が浮いてくるとのことでした。これは、かつてのいたずらぼう、年寄りの話です。
 

レンタル掲示板
/19