teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


夜分に失礼します

 投稿者:福田魁星  投稿日:2014年 2月 6日(木)00時03分39秒
  お久しぶりです、12月に卒業論文のインタビューをさせて頂きました福田です。その節は本当にありがとうございました。無事1月に卒業論文を提出することができました。連絡が遅くなりましたこと誠に申し訳ないです。井手さんも無事に修士論文ができたと聞きました。ぜひ、完成しました卒業論文を直接手渡しできたらと思いまして連絡した次第であります。放課後に伺えたらと思っているのですが、先生のご都合のよろしい日がありましたら、是非教えて頂きたいです。  
 

了解しました

 投稿者:むらすえ  投稿日:2013年12月15日(日)23時52分57秒
  OKです。  

(無題)

 投稿者:福田魁星  投稿日:2013年12月15日(日)23時49分17秒
  夜分に失礼します。返信ありがとうございます。では水曜日の放課後5時頃伺ってもよろしいでしょうか?またよろしくお願いします。  

福田さんへ

 投稿者:むらすえ  投稿日:2013年12月15日(日)23時23分43秒
  バタバタとしており、書き込みが遅くなりました。
水曜日、大丈夫です。その日は、専科の授業がないので、休み時間か放課後しかインタビューの時間はとれませんが。つなぎ合わせたら、大丈夫だと思います。どうぞ、おいで下さい。
 

先日はありがとうございました

 投稿者:福田魁星  投稿日:2013年12月14日(土)13時00分38秒
   先日はインタビューありがとうございました。卒論の中でしっかり使いたいと思います。また、授業報告をたくさん頂いて、その中から「いのちの学習」における教師の連携の意義について書けそうです。

 その中で、山田泉先生と種村エイ子の授業の詳細が分かりました。教師として「死」を扱わないといけないんじゃないかという疑問が沸いていた最中での、種村先生との偶然の出会い。その出会いで、確信して「いのち」の学習に「死」を扱わないといけないと感じられたことが分かりました。

 また、山田泉さんとの出会いも村末先生自身に大きな影響をもたらしたことが伝わってきました。


 さて、帰り際にお願いしましたインタビューの件を再びお願いしたいと思い、再び連絡しました。もう少し具体的に種村先生、山田先生と連携して作った授業の意義を伺いたいなあと思いました。もちろん、日常の「いのち」の学習の一連の流れの中での、一つとしての位置だと思うのですが、そういった先生方を呼んで授業をしたことの意味は大きいと思いまして。

 また、前回伺えなかった「三つの死」についても伺いたいです。また、雑誌の報告にもあった、養護教諭との連携についても伺いたいなあと思っています。「いのち」の学習をする上で、養護教諭にアドバイスをもらうことがあるのでしょうか?

 また、月曜日に伺うと伝えていたのですが、都合が悪くなりまして行けなくなりました。申し訳ないです。先生の都合のいい時間があるのでしたら教えて頂きたいです。合わせますので。井手さんが伺う水曜日は空いております。

 色々とお願いばかりで申し訳ないのですが、よろしくお願いします。
 

福田魁星さま

 投稿者:むらすえ  投稿日:2013年12月 8日(日)06時42分53秒
  了解しました。月曜日、お待ちしています。子どもたちが元気すぎるので、びっくりされるかもしれませんが~(笑)。  

卒業論文の件

 投稿者:福田魁星  投稿日:2013年12月 7日(土)17時09分59秒
  昨日、電話しました福田魁星(かいせい)です。突然のインタビューのお願いを了承していただいてありがとうございました。
 私は卒業論文で「いのちの教育の実践における連携の意義」について考察しています。いのちの教育における様々な困難性を克服する上で、様々な意欲的な立場の方々が連携して、協力体制を築いていくことが欠かせないと思いました。

 様々な実践家の本を読み、教師を目指すものとして心が揺さぶられ感動しました。

そこでまず、種村エイ子先生にメールで主旨を伝えたところ、npo団体がんサポート鹿児島を紹介されました。そして、実際にいのちの授業を見学させていただいて、三好さんにインタビューをしました。そこで、「ぜひ村末先生に会いなさい」と念押され、私もぜひ会ってインタビューしたいと思いまして連絡しました。

 著書とホームページを読むとあまりに偉大で恐縮しておりましたが、快く応えてくださって本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

 卒業論文では、連携事例として村末学級での「種村エイ子先生」と「山田泉先生」の授業における連携の意義を書きたいと考えています。授業の中での意義、子どもたちの反応、授業後の先生自身の授業観や子ども観、教材観の変容、子どもたちの変容についてぜひ伺いたいです。また、保護者の方の変容もありましたら伺いたいです。

 何卒よろしくお願いします。月曜日お会いできることを楽しみにしています。
 

福田さん、豊島さん、どうも!

 投稿者:むらすえ  投稿日:2013年12月 3日(火)22時02分42秒
   今日は、フレッシュなみなさんとお話しできて、とてもよかったです。ありがとうございました。いろいろと「不安」なこともお話ししましたが、やっぱり子どもたちとの生活は楽しいですよ。4月を楽しみに、残り少ない学生時代を大事に過ごして下さいね。

 これから、教育実践家・教育実践研究の仲間として、頑張って行きましょう! とりあえず、卒論をきっちりと書き上げて下さいね。終わったら、飲みましょう。連絡待っています。あ、教室にも遊びに来て下さい。待っています。
 

今日はありがとうございました。

 投稿者:豊島真也  投稿日:2013年12月 3日(火)21時34分42秒
  今日はありがとうございました。
現場の方の声を聞くことができて,とても刺激になりました。
これから現場に出て,様々な悩みが出てくると思うので,相談させていただけばと思います。
これからもよろしくお願いします。
 

今日はありがとうございました。

 投稿者:福田 祐太です  投稿日:2013年12月 3日(火)21時18分2秒
  今日は貴重な時間をつくっていただき、ありがとうございました。院生の先輩に話を聞いていたこともあって、直接お会いできて嬉しかったです。ぜひ、またお話を聞かせていただきたいと思います。お疲れ様でした。  

レンタル掲示板
/19