teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


マラト・シェミウノフ個展

 投稿者:nana(依藤奈奈)メール  投稿日:2009年12月14日(月)15時52分41秒
  ルジマートフが芸術監督をしているレニングラード国立バレエ団のプリンシパル、マラト・シェミウノフが絵を描いていることは皆さん御存知ですか?彼の絵は、彼のホームページ(http://www.inkling.ru/)でも見ることが出来ますが、今年のお正月、マラトがペレンその他のダンサーと共に、江の島に遊びに来た時(日本での公演がoffの日に)私共の画廊に立ち寄ってくれた縁で、来年2010年1月1日(金)から1月20日(水)までマラト・シェミウノフの個展をすることになりました。マラトはロシア国外初の個展を日本ですることになり、大変張り切っており、オープニングの1月1日(17:00~)と1月13日(18:00~)には当画廊でパフォーマンス(ダンス)もいたします。(13日はペレンと共に踊ります。)マラトはバレエファンの方に沢山いらして頂けることを望んでおりますので、お時間がおありでしたら是非御高覧頂くことを切に望んでおります。
ギャラリーT 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-9-10
       ℡ 0466-22-4057
       木曜日 休廊  10:00~18:00
画廊の地図は画廊のホームページで見られます。http://www.gallery-t.net/

どうぞよろしくお願い申し上げます。

http://www.gallery-t.net/

 
 

ブログに移行します

 投稿者:RIE  投稿日:2009年11月29日(日)23時00分33秒
編集済
  この掲示板をご覧になっている皆さんにお知らせです。
私の個人サイト「R-DEPOT」閉鎖に伴い、誠に勝手ながら、
この「ルジマートフな掲示板」の機能もブログに移し、管理を一本化させたいと思います。

と、言うことで、私からのルジさん関連情報発信や公演感想、おしゃべりなどは、今後は
ブログ「散財日誌 ballet 」 http://ried.blog43.fc2.com/ に書き込んでいくかたちになります。
今まで掲示板への書き込みというかたちでいただいていた皆さまからの投稿は、コメント欄にいただくかたちになってしまうのが大変心苦しいのですが、どうか遠慮なさらず、今まで通り自由にご利用して頂ければ、と願っております。
勝手いってごめんなさい。今後ともよろしくお願いいたします。
 

インフル、コワイですね~

 投稿者:RIE  投稿日:2009年11月10日(火)23時05分14秒
編集済
  えくぼさん
おお、バヤデルカまでついにあと2ヶ月を切ったのですね。楽しみです。
インフルエンザは大流行していますね。私の仕事場でも特別警戒態勢に入ってしまいました‥‥
とりあえず、予防と免疫力強化を心掛けるしかなさそうですね。^ ^;
お互いに元気で1月を迎えましょう~

★ルジマートフ舞台出演情報
11/21、12/17にミハイロフスキー劇場「ムーア人のパヴァーヌ」に出演予定
(変更があったようなので直しました)21日のキャストは、オテロ:ルジマートフ、デスデモーナ:ペレン、イアーゴ:オマール、エミリア:ノヴォショーロワhttp://www.mikhailovsky.ru/en/afisha/shows.html?date=2009-11-21&sh=316
 

あと2ヶ月を切りましたね

 投稿者:えくぼ  投稿日:2009年11月 7日(土)22時32分45秒
  インフルエンザが大流行なので、ルジもダンサー達も私達もその頃にインフルエンザにかからないよう祈っています。
ただの風邪ならどうにかなってもインフルエンザはねえ・・・その前に流行が収まる望みは薄いし、心配です。
いっそ今のうちにかかってしまえば・・・なんて不届きな考えが頭をよぎってしまうバカな私。
皆さんは大丈夫ですか?当日はみんな元気で盛り上がりたいですものね。
 

ミハイロフスキーバレエ ヴェネチア公演

 投稿者:RIE  投稿日:2009年10月22日(木)00時39分59秒
編集済
  http://www.teatrolafenice.it/dettaglio_spettacolo.php?IDSpettacolo=321
10/27~31よりヴェネチアのフェニーチェ劇場で、ミハイロフスキーバレエは「白鳥の湖」を上演します。
芸術監督を辞したルジマートフはツアーに同行しないと思われますが、(このサイトでは芸監の表示のままだけど^ ^;)詳しいキャストがでているのでお知らせ。

【オデット/オディール】
ボルチェンコ(27、28)、
ペレン(29, 31)
コシェレワ(30)

【ジークフリート】
シェミウノフ(27、29、31)
シヴァコフ(28, 30)

【ロットバルト】
ヴェンシコフ(27, 30)
ツァル(28, 29, 31)

【王妃】マルティナ

【家庭教師】ブレグハーゼ

【道化】
トルマチョフ (27, 29, 31)
クズネツォフ (28, 30)
 

ルジマートフ画像いろいろ

 投稿者:RIE  投稿日:2009年10月19日(月)23時26分28秒
編集済
  http://valeria-foto.livejournal.com/6891.html
フォトグラファーの方の個人サイトに掲載されていた
10/14ダンチェンコ劇場で行われたチャリティガラでのルジマートフ。
もはや神々しいアダージェットの本番と渋いリハーサル画像集です

http://photopolygon.com/snaps/details?post_id=12019
こちらもロシアの写真家さんのサイト。ずーーーっと下にスクロールしていくと、
今年1/5に行われたガラでの阿修羅なルジマートフがいます。

http://www.rosetta.jp/musical/061030.html
いまごろですが、2006に来日上演されたインペリアルバレエとの「シェヘラザード」レビュー


◆えくぼさん
ファルフにエールをありがとう!(笑)



私信--------------------------------------------------------------

すみません、私の個人的な事情をポロッと書いてしまったせいで、
温かなメールをたくさんいただきました。本当にありがとうございます。
きちんと返信させていただいたつもりなのですが、
今ひとつ私側のサーバ事情が悪いようで、受信漏れがある可能性もあります。
もし、メール送ったんだけど返信が来てないよ~という方がいらっしゃれば、
この掲示板経由でもう一度ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

なお、この件について、この掲示板に於いてはお気遣いは一切無用です。
いつもどおりルジさん話で盛り上がってくださいね~♪
 

フレーフレーファルフ!

 投稿者:えくぼ  投稿日:2009年10月18日(日)19時12分29秒
  RIEさん、情報をありがとうございます。
喜んだり心配したりです。
来年早々には「バヤデルカ」ですね。感慨深いです。
 

ルジさん出演情報(さらに追加^ ^;)

 投稿者:RIE  投稿日:2009年10月15日(木)00時00分4秒
編集済
  ※ネットで拾えたもののみ。実際に踊るかどうかは保証の限りではありません^ ^;

★以前にもお知らせしましたが、10/14(今日だ!)ダンチェンコ劇場にてチャリティーガラに出演
http://www.stanislavskymusic.ru/concert.html?ConcertId=17

ニュース映像 http://www.ntv.ru/novosti/178025/

「海賊」パ・ド・ドゥ А.バタロフ(マリインスキーバレエ)  А.ティモフェーワ?(クレムリンバレエ)
「白鳥の湖」アダージョ А. Ячмеников и Е. Казакова(ボリショイバレエ)
「アダージョ」 А.メルクリエフ(ボリショイバレエ)
「シェヘラザード」パ・ド・ドゥ イルマ・ニオラーゼ(マリインスキーバレエ)、ファルフ・ルジマートフ
「Встреча」 イルゼ・リエパ(ボリショイバレエ)
「タリスマン」パ・ド・ドゥ M.アレクサンドロワ(ボリショイバレエ)、M.ロブーヒン(マリインスキーバレエ)
「カルメン」 M.アレクサンドロワ(ボリショイバレエ)、А.メルクリエフ(ボリショイバレエ)
「ライモンダ」パ・ド・ドゥ А. Ячмеников и Е. Казакова(ボリショイバレエ)
「アダージェット」 ファルフ・ルジマートフ
「カジミールの色」 D.ヴィシニョーワ(マリインスキーバレエ)、V.マラーホフ(ベルリンバレエ)
「瀕死の白鳥」 イルマ・ニオラーゼ(マリインスキーバレエ)
「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ 未定、M.ロブーヒン(マリインスキーバレエ)

★10/19、ビジュケク(キルギス共和国の首都)にて「ムーア人のパヴァーヌ」を上演
http://eng.24.kg/culture/2009/10/15/9355.html
ミハイロフスキー劇場のダンサーを引き連れて、「ロシアバレエスターガラ」に参加するようです。
第一部「ムーア人のパヴァーヌ」(ルジマートフ、ペレン、オマール、ノヴォショーロワ)、
第二部ディヴェルティスマン「白鳥の湖」「スパルタクス」「ライモンダ」「カルメン」(チェルノブロフキナ、スミレフスキー、ボルチェンコ、シェミウノフ、アフメトフ等)の予定

★10/20、カザフスタンオペラバレエ劇場で「ファルフ・ルジマートフ・ガラ」
http://gatob.kz/ru/node/2239
第1部「ムーア人のパヴァーヌ」  ルジマートフ、ペレン、オマール、ノヴォショーロワ
第2部ディベルティスマン
「カルメン」より チェルノブロフキナ、スミレフスキー
「バクチ」 ペレン、ルジマートフ
「スパルタクス」 ロマチェンコワ、シェミウノフ
「ライモンダ」よりパナデロス ノヴォショーロワ、オマール
「モノローグ」 アイダル・アフメトフ
「幻想舞踏会」 チェルノブロフキナ、スミレフスキー
「瀕死の白鳥」 ロマチェンコワ
「春の水」 ペレン、シェミウノフ
「アダージェット」 ルジマートフ

★10/21 ミハイロフスキー劇場にてグランプリファイナルに審査員として参加?
http://www.mikhailovsky.ru/

★10/25 Centro Cultural Caixa Terrassa(スペイン)でバレエガラ
http://www.danzaballet.com/modules.php?name=News&file=article&sid=3074
ペレンと「シェヘラザード・パ・ド・ドゥ」「バクチ」で出演予定。

★ミハイロフスキー劇場で11/21、12/17に予定されている「ムーア人のパヴァーヌ」にも出演すると考えられます
http://www.mikhailovsky.ru/en/afisha/shows.html?date=2009-11-21&sh=316

★11/30 Nizhniy-Novgorodオペラバレエ劇場にて 「火の鳥」「シェヘラザード」(全編)公演に出演
共演:イルゼ・リエパ、イルマ・ニオラーゼ、マリア・アレクサンドロワ他、クレムリンバレエ
http://www.idiismotri.ru/order/?eid=3163&a=detail



‥‥ダンサー専念宣言をした途端、このハードスケジュール。(笑)
10/19キルギス→20カザフスタン→21ペテルブルグ→25スペインって‥‥可能なのだろーか?^ ^;
 

光藍社サイトにも載りました

 投稿者:RIE  投稿日:2009年10月14日(水)19時36分39秒
編集済
  http://www.koransha.com/news_performance/news/091014ruzi_komon.html

以下コピペ
-------------------------------------------------------------------

ルジマトフ、レニングラード国立バレエの顧問に就任

ファルフ・ルジマトフがレニングラード国立バレエの顧問(アドバイザー)に就任致しました。
2007年5月より、レニングラード国立バレエの芸術監督として活躍していたルジマトフ。近年、日本や海外での公演に出演を重ねるにしたがい「踊ることに集中したい」との希望が生まれてきた、とのこと。
10月初旬、劇場に芸術監督職の辞表を提出し、円満な話し合いにより今後も顧問(アドバイザー)として劇場に残ります。

「レニングラード国立バレエ2009-2010」の日本公演には予定通り出演致します。
日程は下記の通りです。

2010年
1月 6日(水) 18:30 Bunkamuraオーチャードホール 「バヤデルカ」
1月 8日(金) 18:30 Bunkamuraオーチャードホール 「バヤデルカ」
1月10日(日) 17:00 Bunkamuraオーチャードホール 「スペシャル・ガラ」

-------------------------------------------------------------------

★おまけ

ジャパン・アーツのバレエブログに、コルプのインタビューが載っています。
ルジさんの話題もはいっているのでなかなか面白いですよ~
http://ja-ballet.seesaa.net/article/130189095.html

「ファルフ(・ルジマートフ)の次にマリインスキーのダンサーとしてこの役を踊るのは非常に勇気がいることだけど、僕は彼とは違う金の奴隷を見せたいと思っている」と、語っているコルプくんのシェヘラザードは私も観に行く予定です。楽しみ~
 

遅くなりましたが、レスです。

 投稿者:RIE  投稿日:2009年10月11日(日)01時51分4秒
編集済
  ◆せいこさん
あたたかい励ましのお言葉、胸にしみました。とても嬉しかったです。
残念ながら病人は快復することなく故人となってしまいましたが、
娘としてきちんと看取ることができたので、先週こちらに帰ってまいりました。
心身共に落ち着かない日々が続き、もうしばらくはココへの出現もお休みするつもりだったのですが‥‥^ ^;
さすがルジさん、休ませてくれませんね~(笑)。
一気に脳が活性化したので、復帰します。
もちろん冬のマールイ公演もとことん参加しますよ~~♪


◆猫さん
「生きることへの執念が、彼のステップに表れている」というルジマートフ評、とても感じ入りました。確かにそういう気もします。
全世界がグローバル化した現代では、ロシアとアメリカのバレエの境界線はかなりゆるくなってきていると思いますが、ルジマートフのようなソ連時代の面影を残すダンサーには、たしかに、その国独自のものがまだ生きている気がしますし、その厳しい美しさにはいまだにハッとさせられます。
彼の同世代の多くが引退し現役を退いていることを考えると、今、その舞台を見られるということは、とても貴重な、嬉しいことでありますね。


◆えくぼさん
>嵐を呼ぶどころか彼自身が嵐のようです。

あはは、本当に~。
確か、ミハイロフスキー芸監就任当初のインタビューで、ご本人もそれに近いコメントをだしていたような‥‥(笑)

>舞台で踊るルジマートフが一番彼らしい

まあね、私もそう思います。
個人的には彼の芸監活動をそれなりに楽しんで応援していたので、スーツ姿がもうみられないのか~、とか、芸監!ともう呼べないのね~という、一抹の寂しさはありますが。(笑)

とにかく、46歳にしてフリーになってまでも、「倒れるまで踊りたい!」と意欲満々なルジさんにはビックリです。
もちろんファンとしてはこれ以上嬉しい発言はないので、こちらも倒れるまでついていくかな、と。(笑)
しかし、相変わらず予測がつかない人ですねぇ‥‥^ ^;
 

レンタル掲示板
/100