[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


工房だよりNO,184

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 7月31日(月)12時53分12秒
  工房だよりNO、184  平成29年8月号

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会 ご案内

「世界に誇れる 手漉き和紙 制作技術 伝承事業」

開催日時 平成29年8月19日(土)

     9:00~15:00  紙漉き体験 1名 5000円

日本の伝統技法である 流し漉きで 汲みこみ技術を 体験

     平成29年8月20日(日)

     午前中 プレス 参加自由

     13:00~    紙貼り体験 1名 3000円

1枚1枚 刷毛を使い 干し板に 紙貼りを 体験

開催会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

対象 5名様 以内

持ち物 筆記具 タオル 飲み物 昼飯 その他

申し込み 開催の2週間前までに 内藤恒雄手漉き和紙記念館まで

419-0301 富士宮市上柚野907-1   yunotesukiwashi@po3.across.or.jp

内藤恒雄手漉き和紙記念館 TEL&FAX 0544-66-0738

「ご報告」

★九州北部豪雨災害犠牲者・秋田県・青森県・新潟県の豪雨災害の皆様

謹んで お見舞い申し上げます。

★7月下旬 地元・富士宮の方の 主催で 全国大会が 開催され

有志の方 10名弱が ワークショップを 体験されました。

遠路 福岡の方も ご参加。ご説明する中 ノートに書き入れる方が多かったです。

★酷暑の折 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,183

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 6月27日(火)13時59分57秒
  工房だよりNO、183  平成29年7月号

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会 ご案内

「世界に誇れる 手漉き和紙 制作技術 伝承事業」

開催日時 平成29年8月19日(土)

     9:00~15:00  紙漉き体験 1名 5000円

日本の伝統技法である 流し漉きで 汲みこみ技術を 体験

     平成29年8月20日(日)

     午前中 プレス 参加自由

     13:00~    紙貼り体験 1名 3000円

1枚1枚 刷毛を使い 干し板に 紙貼りを 体験

開催会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

対象 5名様 以内

持ち物 筆記具 タオル 飲み物 昼飯 その他

申し込み 開催の2週間前までに 内藤恒雄手漉き和紙記念館まで

419-0301 富士宮市上柚野907-1   yunotesukiwashi@po3.across.or.jp

内藤恒雄手漉き和紙記念館 TEL&FAX 0544-66-0738

「ご報告」

★当方は 全て天日乾燥で手漉き和紙を仕上げて折 時節をみて 制作しております。

★最近 異業種からの 手漉き和紙に 関する「お問い合わせ」「ご来訪」が 多く

インターネットを 介し 他県からの ご来訪が 多いです。

お客様の ご質問に 分かりやすく お答えするよう 努力しております。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,182

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 5月31日(水)13時06分50秒
  工房だよりNO、182  平成29年6月号

「ご案内」

★平成29年度より 駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会は

会員様の ご都合の 良い日時で 開催予定です。

「ご報告」

★5月13日(土)平成29年度 駿河半紙技術研究会 総会 開催されました。

13名の ご参加を頂き 遠路 鎌倉市 県内 焼津市 三島市からも

上程した議案に 全て ご承認 頂きました。

美味しいランチを頂きながら ご参加頂いた皆様の 近況報告を。

★国産 みつまたの 原料処理に 時間を さいて 梅雨時 前の 忙しさ。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,181

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 4月29日(土)17時38分16秒
  工房だよりNO、181  平成29年5月号

「ご案内」

★平成29年度より 駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会は

会員様の ご都合の 良い日時で 開催予定です。

★駿河半紙技術研究会 主催 平成29年度 総会 ご案内

会期 平成29年5月13日(土)11:00~13:00

会場 富士宮市城北町667 そばの蔵 志ほ川 TEL0544-24-0100

会費 1名1500円

内容 総会終了後 美味しいおランチを 頂き 懇談予定。

「ご報告」

★4月9日(日)狩宿さくら祭りに 参加させて頂きました。

今年は 寒く 国指定の 下馬桜も 開花待ちでした。

雨の中 20名弱の ご参加を頂き 耳付きはがきに 仕立てて お送り致しました。

★みつまたの 原料処理に 時間を さいています。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,180

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 3月30日(木)09時17分47秒
  工房だよりNO、180  平成29年4月号

「ご案内」

★平成29年度より 駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会は

会員様の ご都合の 良い日時で 開催予定です。

★今年も 公益社団法人 富士宮市観光協会様より ご依頼を 受けました。

「狩宿さくら祭り」での 紙漉き 体験

「駿河半紙技術研究会」所属のベテラン会員二名が お手伝いしますので ご安心を。

会期 平成29年4月9日(日)10:30~14:00

会場 富士宮市狩宿 井出館

参加費 無料

郵送代 1名100円

内容 国産みつまた100%を 使用し 耳付きはがき4枚取りを 体験して頂きます。

その後 当方で「プレス」「椿の葉による一枚づつ板貼り」「天日乾燥」後ご本人に 郵送。

★駿河半紙技術研究会 主催 平成29年度 総会 ご案内

会期 平成29年5月13日(土)11:00~13:00

会場 富士宮市城北町667 そばの蔵 志ほ川 TEL0544-24-0100

会費 1名1500円

内容 総会終了後 美味しいおランチを 頂き 懇談

「ご報告」

★「駿河半紙技術研究会」が 公益財団法人 静岡県文化財団 より

第30回ふじのくに地域文化活動奨励賞 受賞し 表彰式 3月4日(土)

静岡市池田グランシップ11F「風」 2名 出席してきました。

★手漉き和紙制作の 原点 こうぞ蒸しが 今年は 3月8日(水)でした。

木の皮から 1枚の手漉き和紙が 出来るまで 長い道のりです。

★3月26日(日)敷地内の スノーフレーク一輪 開花 確認しました。

可憐で カワイイです。

★敷地内の みつまたの 黄色い蕾が 3月下旬 開き始めました。

★昨年11月~3月まで 原料処理の手間がかかる「国産がんぴ」「自家栽培こうぞ」の

制作を終え 4月から「国産みつまた」を中心に 制作予定です。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,179工房だよりNO、179  平成29年3月号

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 2月25日(土)14時19分17秒
  工房だよりNO、179  平成29年3月号

「ご挨拶」

★自分が 会長を 務める「駿河半紙技術研究会」が

此のたび 公益財団法人 静岡県文化財団より

第30回ふじのくに地域文化活動奨励賞を 受賞しました。

会員の皆様と ご支援頂いた皆様に お礼 申し上げます。

表彰式

会期 平成29年3月4日(土)11:30~

会場 静岡市駿河区池田79の4 グランシップ11F会議ホール 風

★今月 69歳を迎えます。70歳から「本当の書が書ける」といわれた書家二名の方が

69歳で お亡くなりになっています。

★お一人目は 昭和の三筆と言われた 「上田桑鳩 先生」

大学2年の時 書道部の先輩に誘われ

都内世田谷区内 小田急線 千歳船橋駅 近くの ご自宅に 週一の添削だと思います

「運筆をつける為に 木簡を勉強」「紙面だけでなく 空間を掴め」等 ご指導頂き

思い出として 上田先生の お供で 近畿大学の書道部 淡路島合宿に参加させて頂き

「散」の少数文字で 開眼したといわれた事を 思い出します。

人生の指針として「面白い人生を歩め」と ご助言を頂きました。

★お二人目は 今や 世界的な書家 「井上 有一さん」    出会いとしては

都内 銀座 文芸春秋別館画廊 絵手紙の創始者 小池邦夫氏の個展 会場にて

都内 銀座 服部時計店6F「和光ホール」個展会場にて

自分が 独立の時 作成した 見本帳の お返事を頂きました。

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 平成28年度 第二回目実技研修会 お知らせ

会期 平成29年3月25日(土)9:00~12:00  3000円

                9:00~15:00  5000円

会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

内容 こうぞより難しい みつまたを使用し 流し漉き技法による 紙漉き体験

持ち物 髪の毛が落ちない工夫 タオル 昼飯 飲み物 等

★平成29年度より 駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会は

会員様の ご都合の 良い日時で 開催予定です。

★今年も 公益社団法人 富士宮市観光協会様より ご依頼を 受けました。

「狩宿さくら祭り」での 紙漉き 体験

「駿河半紙技術研究会」所属のベテラン会員二名が お手伝いしますので ご安心を。

会期 平成29年4月9日(日)10:30~14:00

会場 富士宮市狩宿 井出館

参加費 無料

郵送代 1名100円

内容 国産みつまた100%を 使用し 耳付きはがき4枚取りを 体験して頂きます。

その後 当方で「プレス」「椿の葉による一枚づつ板貼り」「天日乾燥」後ご本人に 郵送。

「ご報告」

★2月6日(月) 敷地内の 梅一輪 開花 確認しました。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,178

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 1月28日(土)15時02分41秒
  工房だよりNO、178  平成29年2月号

「ひかりの 春」

一年で 一番寒い 此の時期 「おひさまの ひかり」は 力強さを 感じます。

「ご挨拶」

★自分が 会長を 務める「駿河半紙技術研究会」が

此のたび 公益財団法人 静岡県文化財団より

第30回ふじのくに地域文化活動奨励賞を 受賞しました。

会員の皆様と ご支援頂いた皆様に お礼 申し上げます。

表彰式

会期 平成29年3月4日(土)11:30~

会場 静岡市駿河区池田79の4 グランシップ11F会議ホール 風

★今年 3月 古稀を 迎えます。

還暦は満年齢 古稀以降は数え年で。

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 平成28年度 第二回目実技研修会 お知らせ

会期 平成29年3月25日(土)9:00~12:00  3000円

                9:00~15:00  5000円

会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

内容 こうぞより難しい みつまたを使用し 流し漉き技法による 紙漉き体験

持ち物 髪の毛が落ちない工夫 タオル 昼飯 飲み物 等

★平成29年度より 駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会は

会員様の ご都合の 良い日時で 開催予定です。

★今年も 公益社団法人 富士宮市観光協会様より ご依頼を 受けました。

「狩宿さくら祭り」での「手漉き和紙の 体験」

「駿河半紙技術研究会」所属のベテラン会員二名が お手伝いしますので ご安心を。

会期 平成29年4月9日(日)10:30~14:00

会場 富士宮市狩宿 井出館

参加費 無料

郵送代 1名100円

内容 国産みつまた100%を 使用し 耳付きはがき4枚取りを 体験して頂きます。

その後当方で「プレス」「椿の葉による一枚づつ板貼り」「天日乾燥」後 ご本人に 郵送。

「ご報告」

★認定NPO法人 富士山世界遺産国民会議より 取材を 受け

富士山インタビュー31に UPされましたので ごらんください

www.mtfuji.or.jp

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,177

 投稿者:管理者  投稿日:2016年12月31日(土)14時31分23秒
  工房だよりNO、177  平成29年1月号

「ご挨拶」

★明けまして おめでとう 御座います。

今年こそ 自然災害のない 穏やかな 生活を 希望します。

★自分が 会長を 務める「駿河半紙技術研究会」が

此のたび 公益財団法人 静岡県文化財団より

第30回ふじのくに地域文化活動奨励賞を 受賞しました。

会員の皆様と ご支援頂いた皆様に お礼 申し上げます。

表彰式

会期 平成29年3月4日(土)11:30~

会場 静岡市駿河区池田79の4 グランシップ11F会議ホール 風

★今年 3月 古稀を 迎えます。

還暦は満年齢 古稀以降は数え年で。

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 平成28年度 第二回目実技研修会 お知らせ

会期 平成29年3月25日(土)9:00~12:00  3000円

                9:00~15:00  5000円

会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

内容 こうぞより難しい みつまたを使用し 流し漉き技法による 紙漉き体験

持ち物 髪の毛が落ちない工夫 タオル 昼飯 飲み物 等

★平成29年度より 駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会は

会員様の ご都合の 良い日時で 開催予定です。

「ご報告」

★昨年12月7日(水)富士宮市立白糸小学校 卒業証書作りの お手伝いをしました

国産みつまた100%を 使用し お一人づつ 流し漉き技法で 体験して頂き

「プレス」「椿の葉による紙貼り」「板干し天日乾燥」で 仕上げました。

今回で12回目。良い意味での 白糸小学校の 伝統になってきたと思います。

NHK静岡放送局 静岡朝日テレビ局 テレビ静岡局 静岡新聞社 岳南朝日新聞社

岳陽新聞社 富士ニュース社 富士宮市情報発信課 等の 取材を 受けました

特に NHKTVの 夕方のニュースを ご覧 頂いたかたが 多かったようです。

★昨年12月6日(火) 河村 傳兵衛氏が ご逝去されました。

「静岡酵母」の開発者で 県産日本酒の評価向上に 貢献されました。

「駿河半紙技術研究会」の会員でもあり 以前 文化講演会の 講師を

お願いしていたのですが お身体 不調の折 開催出来ず 残念でした。

当方の 手漉き和紙も 広く お使い頂き 大変 達筆でした。

謹んで お悔やみ 申し上げます。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,176

 投稿者:管理者  投稿日:2016年11月29日(火)14時05分38秒
  工房だよりNO、176  平成28年12月号

「ご挨拶」

★今年も一年 「工房だより」ご愛読 有難う 御座いました。

今年も 日本は 自然災害の 洗礼を受けました。

4月の熊本大地震 10月の鳥取地震 台風10号の被害

11月22日(火)5:59 5年前の 東日本大震災の 余震 等

何時になったら 自然災害のない 穏やかな 日本に戻るのでしょうか?

★独立40周年を 記念し 平成28年5月より

「柚野手漉き和紙工房」から「内藤恒雄 手漉き和紙 記念館」に名称 変更しました。

「ご案内」

★今年も 富士宮市立白糸小学校から 12回目となる 卒業証書作りの

お手伝いの ご依頼を受けました。

開催時期 平成28年12月7日(水)8:30~

開催場所 富士宮市上柚野907-1 内藤恒雄手漉き和紙記念館

使用原料 国産みつまた100%

紙漉き方法 粘剤トロロアオイを使用し 流し漉き技法で お一人づつ ご指導

乾燥方法 椿の葉を使用し 一枚づつ 干し板に貼り 天日乾燥

「ご報告」

★11月12日(土)13:30~15:00JR身延線 富士宮駅前交流センター「きらら」で

駿河半紙技術研究会 主催 第六回目 文化講演会が 開催され「バチカン」での

「手漉き和紙に関して」の お話しが 増田勝彦氏より ご報告が ありました。

遠路 「神奈川県 鎌倉市」「県内 焼津市」からも ご参加頂きました。

★11月13日(日)10:00~15:00

富士宮市内 西山本門寺 ご本堂で 展示会を 開催させて頂き

多くの お知り合いの お客様と 懇談出来ました。

ドイツでの 活動内容の ご質問が 多かったです。

★今年も 手漉き和紙制作技術に 新しい技法を 開拓致しました。長年 思考の末

リスクを 覚悟で 試作しましたが 上手く結果が 出て 安堵しております

★時節柄 ご自愛の程を 良いお年を お迎えください。

 

工房だよりNO,175

 投稿者:管理者  投稿日:2016年10月30日(日)11時57分13秒
  工房だよりNO、175  平成28年11月号

「ご挨拶」

★独立40周年を 記念し 平成28年5月より

「柚野手漉き和紙工房」から「内藤恒雄 手漉き和紙 記念館」に名称 変更しました。

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 第六回目 文化講演会 ご案内

会期 平成28年11月12日(土) 13:30~15:00

会場 JR身延線 富士宮駅前交流センター「きらら」2F 会議室3

静岡県 富士宮市 中央町5の7 TEL0544-22-8111

講師 増田勝彦氏(駿河半紙技術研究会 副会長)

演題 増田勝彦の軌跡 その二

事務局より「ドイツ紀行 サード」報告 15分の依頼を受けました。

参加費 無料

駐車料金 無料

★第17回 信長公 黄葉まつり 出演 依頼を 今年も 受けました。

主催 信長公黄葉まつり実行委員会

会期 平成28年11月13日(日) 10:00~15:00

会場 富士宮市西山 西山本門寺 本堂

内容 当方制作の 手漉き和紙の 各種 展示予定です。

★今年も 富士宮市立白糸小学校から 12回目となる 卒業証書作りの

お手伝いの ご依頼を受けました。

開催時期 平成28年12月7日(水)8:30~

開催場所 富士宮市上柚野907-1 内藤恒雄手漉き和紙記念館

使用原料 国産みつまた100%

紙漉き方法 粘剤トロロアオイを使用し 流し漉き技法で お一人づつ ご指導

乾燥方法 椿の葉を使用し 一枚づつ 干し板に貼り 天日乾燥

★11月より来年3月まで 1年で一番品質の良い 手漉き和紙の制作時期を迎えます。

「ご報告」

★今年も 特定健診の 結果は 異常有りませんでした。

★「ドイツ紀行 サード」リポート出来上がりましたので ご報告させて頂きます。

「ドイツ紀行 サード」
2016年9月23日(金)~2016年10月7日(金)15日間
「ドイツベルリン技術博物館」の招請を受け「駿河半紙技術研究会」の助成を受け
3回目となる ドイツ ベルリンを訪問させて頂きました。
◆今回のドイツ訪問は 各受け入れ側の皆さまの ご厚意により大成功だったと思います。
企画も 時期を得た 内容だったと 思われます。
◆全期間ドイツベルリン技術博物館の ゲストハウスを 利用されて頂きました。
前回2000年 同様505室で ベルリンに 戻ってきた 感覚でした。冷蔵庫も
新しく配置され 飲み物 食料品と保存出来 自室での食事がより充実しました。

ここに 特に お世話になった 4名のかたに 感謝と お礼を申し上げます。
◆ガンゴルフ ウルブヒト様
◆ドイツベルリン技術博物館 副館長 ヨゼフ・ポッぺ様
◆ベルリン日独センター文化部部長 河内彰子様
◆駿河半紙技術研究会 小川事務局長様
無事に 柚野に 戻れ 有難う 御座いました。

下記4項目の 大変 有意義な 内容でした。
◆ガンゴルフ ウルブヒト氏のアトリエでの 2回のワークショツプ開催
◆9月27日(火)19:00~ベルリン日独センターでの 講演会 展示会
◆ドイツベルリン技術博物館での 手漉き和紙の 実演会
◆ガンゴルフ ウルブヒト氏の 新しいアトリエ訪問
1項目づつ ご説明してまいります。

◆ガンゴルフ氏のアトリエでの 1回目 ワークショップ
9月26日(月)10:00~18:00 6名参加
 9月27日(火) 9:00~15:00 6名参加
 9月28日(水) 9:30~17:00 5名参加
参加者
手漉き紙制作者・紙布作家・修復家・製本家
内容
「こうぞ煮熟」「アク抜き」「キズヨリ」「手打ち」「プレス」「板干しによる紙貼り」
「紙漉きのサイズは300×420・300×800・600×990」の3種類
「簀桁は1998来日中 ガンゴルフ氏が 収集した道具」
手漉き和紙制作の「流し漉き技法」の汲みこみの 難しさを 体感して頂きました。
「自分が持参した手漉き和紙のご説明」
◆ガンゴルフ氏のアトリエでの 2回目 ワークショップ
10月4日(火))10:00~18:00 2名参加
 10月5日(水) 9:00~17:00 3名参加
参加者
修復家・製本家・書家
内容
9月27日(火)開催の講演会出席者 2名参加
「キズヨリ」「手打ち」「プレス」「板干しによる紙貼り」
「紙漉きのサイズは300×420・300×800・600×990」の3種類
手漉き和紙制作の「流し漉き技法」の汲みこみの 難しさを 体感して頂きました。
「自分が持参した手漉き和紙のご説明」

◆9月27日(火)19:00~ベルリン日独センターでの 「講演会」「展示会」
「講演会」
会場 定員200名強のご参加を頂き 椅子が足らなかったそうです。
 大変な 盛り上がりでした。
12項目を ご説明した中 6項目を明記します
1,2014年11月「和紙・日本の手漉き和紙技術」ユネスコ無形文化遺産登録 記念
「内藤恒雄手漉き和紙独立40周年」記念し ドイツ訪問を企画
2、紀元前中国で紙が発明され 日本へは 朝鮮半島へて 6世紀頃伝承され
9世紀頃 粘剤トロロアオイ等を使う事を考え「流し漉き技法」確立
3、世界中で手で紙が作られている訳ですが 手漉き和紙は 品質共に世界一と考えます
それは 日本の匠が優れているのではなく 地球上における緯度・経度に位置する日本の
産品がすぐれている為。こうぞ・みつまたは東南アジアに広く分布している訳ですが
品質共に日本産が一番だと思う。四季があるから。
4、用水が大事 欧州は硬水 日本は軟水 特に富士山の伏流水は より新鮮
硬水だと 粘剤トロロアオイは効かない
5、日本国内の手漉き和紙制作者の推移
平成5年 440軒  平成15年 300軒  平成25年 160軒
6、国内での流通は和紙問屋さんが全てを仕切っていて 制作者自体では 売れなかった
「展示会」センターのロビーにて 開催
前回 2000(平成12年)の時も 見本として 自分の手漉き和紙を持参したのですが
ガンゴルフ氏の お取引の 版画家を 訪問した時 全て お買い上げ頂いたので
一般のかたに 見て頂けなかつた事が 残念だったので 今回は 安堵しました。
今回 ご用意したのは こうぞ紙より制作が難しい 国産みつまた 国産がんぴを
使用した手漉き和紙を 中心に12点 ご説明しました。
鉄板乾燥機を 使用すると こうぞ紙など「ケバタチ」が 気になるのですが
板干しだと そういう事はなく「ツルツルとした」感触があります。
特に「板干しによる天日乾燥」「薬品漂泊ではなく生成」を 強調しました。

◆9月29日(木)11:00~16:00 ドイツベルリン技術博物館手漉き和紙の実演会
 9月30日(金)11:00~16:00 ドイツベルリン技術博物館手漉き和紙の実演会
 10月1日(土)11:00~15:00 ドイツベルリン技術博物館手漉き和紙の実演会
内容
自分が 見本を見せ 参加者に 広く 体感を 呼びかけました。
手漉き和紙制作の「流し漉き技法」の「汲みこみ」の難しさを体感して 頂きました。
前会2000の時は ベルリン技術博物館2階の欧州の手漉き紙のコーナーの奥でしたが
今回は 1階の中庭の奥 見晴らしがよいお部屋で 沢山の お客様で盛況でした。

◆ガンゴルフ氏の 新しいアトリエ 北部ドイツ 訪問
10月1日(土)15:30 ベルリン技術博物館をタクシーで出発
        15:50 ベルリン中央駅 到着
16:32 ベルリン中央駅 出発
19:16 グライスバァゥド駅  到着
19:40 ルドビィクブルクの ガンゴルフ氏の 住まいに到着
 10月2日(日) ルドビィクブルク住まい近くを 散策
ブィク港 散策
グライスバァゥドのプラザでりんごジュース作成を見学
 10月3日(月)ドイツ国民祝日
午前中 森林散策
         15:00 ルドビィクブルクを車で出発
         19:00 ベルリン技術博物館到着
古民家をリホームし ワークショップが出来るアトリエとして再利用の 計画
ルドビィクブルクは 静寂で ステキな 空間でした。

◆その他 余談
◆東京新聞・産経新聞・ベルリンTV局の取材を 受けました。
◆今回は ベルリンで ご活躍の 多くの日本人に お会いしました。
◆ベルリンマラソン・ベルリン大聖堂・シュプレー川遊覧船・国立美術館見学楽しむ。
◆新しい出会いがあり 条件が整えば 再度ベルリンを 訪問したいと思いました。
◆今後とも日本独自で世界に誇れる「手漉き和紙」のスバラシサをご説明していきたい。

★時節柄 ご自愛の程を。

 

/19