[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


工房だよりNO,191

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 2月23日(金)14時39分58秒
  工房だよりNO,191    平成30年3月号
暑さ寒さも彼岸まで。
今月古稀を迎えます。
「ご案内」
★手漉き紙展事務局 尾村知子様企画「手漉き紙四人展2018」
会期 平成30年6月18日(月)~6月23日(土)10:00~17:00
   初日13:00~   最終日16:00まで。
会場 103-0023都内中央区日本橋本町3-6-2 TEL03-3662-1184
   小津本館ビル2F 小津ギャラリー
出展予定者 新井悦美・加納武・内藤恒雄・三宅賢三
★「手漉き和紙小学生親子体験教室」案
主催 駿河半紙技術研究会
会場 内藤恒雄手すき和紙記念館
会期 平成30年8月19日(日)10:00~12:00 13:00~15:00
内容 手漉き和紙制作の説明・紙漉き体験 耳付き紙はがき7枚取り
参加費 1組2名2300円(税込み・送料込み)耳付き紙はがき完成後 郵送
「ご報告」
★2月17日(土)16:00~17:00京都市内 南座向かい「レストラン菊水」にて
講演会50名様ご参加・演題「紙縁」にてご説明いたしました。
その後 講演会ご参加の皆様と本格的な美味しいフレンチを ご馳走になり
宿泊は 京都駅前2分大変便利なステキなホテルをご用意頂きました。
当日は とても寒く 風花の舞う風情でした。
★今年は2月18日(日)で敷地内の白梅一輪開花。
★余寒の折 ご自愛の程を。
 

工房だよりNO,190

 投稿者:管理者  投稿日:2018年 1月29日(月)14時02分2秒
  工房だよりNO,190 平成30年2月号
「ひかりの春」
一年で一番寒さが厳しい時期ですが おひさまの力強さを感じられます。
三月 古稀を迎えます。
「ご案内」
★手漉き紙事務局 尾村知子様より 下記のご依頼を頂きました。
「手漉き紙四人展2018」
会期 平成30年6月18日(月)~6月23日(土)10:00~17:00
   初日13:00から    最終日16:00まで
会場 103-0023東京都中央区日本橋本町3-6-2 TEL03-3662-1184
   小津本館ビル2F 小津ギャラリー
出展予定者 新井悦美・加納武・内藤恒雄・三宅賢三
★次世代を担う小学生を対象に 下記の企画を計画中です。
「手漉き和紙小学生親子体験教室」
主催 駿河半紙技術研究会
会場 内藤恒雄手すき和紙記念館
会期 平成30年8月19日(日)10:00~12:00 13:00~15:00 各5組10名
参加費 1組2名 2300円(税込み・送料込み)耳付き紙はがき完成後 郵送
内容 手漉き和紙制作の説明・紙漉き体験 耳付きはがき7枚取
「ご報告」
★先月・1月は多くのご来訪・ご注文を頂き大変忙しい1ヵ月でした。
又今月・2月17日(土)京都市内での講演のご依頼を頂きました。
1月27日(土)主催・富士宮市教育委員会 開催会場・富士宮市民文化会館
平成29年度 第20回富士山学習PARTⅡ発表会・ステージ発表での
富士宮市立大宮小学校「日本文化の発信」に参加させて頂きました。
ご参加された関係者の皆様 極寒の中 お疲れ様でした。
★極寒の折 ご自愛の程を。
 

工房だより No.189 平成30年1月号

 投稿者:管理者  投稿日:2017年12月26日(火)14時05分56秒
  「ご挨拶」

明けましておめでとうございます。

今年一年 宜しくお願い致します。

三月 古稀を 迎えます。

「ご案内」

★手漉き紙展事務局 尾村知子様より 下記の ご依頼いただきました。

「手漉き紙四人展2018」 ご案内

会期 平成30年6月18日(月)~6月23日(土)10:00~17:00

   初日13:00から   最終日16:00まで

会場 103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 TEL03-3662-1184

   小津本館ビル2F 小津ギャラリー

出展予定者 新井悦美氏(埼玉県)加納武氏(岐阜県)三宅賢三氏(兵庫県)内藤恒雄

★次世代を担う小学生を 対象に下記の企画を 計画中です。

「手漉き和紙 小学生 親子 体験教室」

趣旨 日本独自で世界に誇れる手仕事「手漉き和紙」を 学習・体験

「ユネスコ認定」「地元・駿河半紙への認識」

主催 駿河半紙技術研究会 後援依頼 富士宮市教育委員会・マスコミ各社

会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

会期 平成30年8月19日(日)先着順

◎10:00~12:00 5組10名 ◎13:00~15:00 5組10名

参加資格 小学生 親子

内容 手漉き和紙制作の説明・紙漉き体験 耳付きはがき7枚取

参加費 1組2名2300円(税込・送料込)耳付きはがき完成後 郵送

広報活動 富士宮市教育委員会 マスコミ等

「ご報告」

★13回連続となる 富士宮市立白糸小学校の 卒業証書作りの お手伝をしました。

趣旨 「自分の頂く卒業証書を 自分で制作」

良い意味での 白糸小学校の 伝統に なってきました。

昨年 12月6日(水)9:00~ 内藤恒雄手すき和紙記念館にて。

国産みつまた100% 「生成」 生徒さん達が 紙漉後

当方でプレス・椿の葉を使用して一枚ずつ紙貼り・板干による天日乾燥で仕上りでした。

マスコミも 広く 取材して頂きました。

毎日新聞社・静岡新聞社・岳南朝日新聞社・岳陽新聞社・富士ニュース・富士宮市広報課

NHKTV・テレビ静岡・静岡第一テレビ

★昨年の12月は とても寒かったです。

★年始 お忙しいでしょうが ご自愛の程を。
 

工房だより No.188 平成29年12月号

 投稿者:管理者  投稿日:2017年11月28日(火)09時54分17秒
  「ご挨拶」

今年も一年 ご愛読 ありがとうございました。

今年も 自然災害の 洗礼を 受けました。

人間界が 自然界に対しての畏敬の念を 忘れた結果ですか?

いつになったら 日本に 穏やかな 日々が おとずれるのでしょうか?

「ご案内」

★今年も 富士宮市立 白糸小学校の 卒業証書作りの お手伝いの依頼を受けました。

趣旨 「自分の頂く卒業証書を 自分で制作」

12月6日(水)9:00~ 内藤恒雄手すき和紙記念館にて。

国産みつまた100% 「生成」 生徒さん達が 紙漉後

当方でプレス・椿の葉を使用して一枚ずつ紙貼り・板干による天日乾燥で仕上りです。

「ご報告」
★11月8日(水)中国人美術関係者 10名ご来訪 通訳の方が 少し難の為

ご質問が 不鮮明で 残念でした。 同時に 中国テレビの取材も 受けました。

ワークショップも 体感されました。

★11月12日(日)主催:富士市 主催 主管:一般社団法人 富士芸術村

「第2回 芸術作品を鑑賞するツアー」 15名弱 ご来訪

世界に誇れる手仕事 「手すき和紙」全般にわたり ご説明させて頂きました。

★11月18日(土)駿河半紙技術研究会 主催 文化講演会 演題「漉き返し」開催

東京在住 増田 勝彦氏の お話をお聞きしました。

紙の起源に 関わるお話で 大変 面白かったです。

★今年もインターネットを 通し 広く お客様と お会いすることが 出来ました。

団体の お客様は 見学ではなく ワークショップを 希望される方が 多かったです。

観光施設ではなく 専門家の 説明を ご希望の様です。

富士宮市在住の方が 主催する場合 全国からの ご参加でした。

★年末年始 お忙しい中 ご自愛の程を。よいお年を お迎えください。
 

工房だよりNO,187

 投稿者:管理者  投稿日:2017年10月30日(月)14時44分25秒
  工房だよりNO、187  平成29年11月号

「ご案内」

★「ふじ・紙のアートミュージアム美術鑑賞ツアー」 ご案内

主催 富士市 主管 一般社団法人 富士芸術村

「第2回芸術作品を観賞するツアー・5つの文化施設を巡るバスツアー」

1・内藤恒雄手漉和紙記念館

2・富士芸術村

3・横井照子富士美術館

4・富士山かぐや姫ミュージアム

5・ふじ・紙のアートミュージアム

日時 平成29年11月11日(土)  9:30~15:30

   平成29年11月12日(日)  9:30~15:30

定員 各25名(先着順)

参加費 500円

持ち物 昼食

申し込み ふじ・紙アートミュージアムまで 0545-32-6581

★駿河半紙技術研究会 主催 第七回目 文化講演会 ご案内

会期 平成29年11月18日(土)13:30~

会場 JR身延線 富士宮駅前交流センター「きらら」2F

富士宮市中央町5の7   TEL0544-22-8111

参加費 無料

講演者 増田 勝彦 氏(駿河半紙技術研究会 副会長)

仮演題 「増田 勝彦の軌跡 その三」

★今年も ご依頼 頂きました。

富士宮市立 白糸小学校 6年生 卒業証書作りのお手伝い

「自分の頂く卒業証書を 自分で作る」を 趣旨に。

平成29年12月6日(水)9:00~ 内藤恒雄手漉き和紙記念館にて。

材料 国産みつまた100%使用

紙漉き体験後 当方で プレス・椿の葉を用い干し板に紙貼り・天日乾燥で仕上げる

「ご報告」

★10月上旬 県内東部・小学校の母親学級 20名弱 紙漉き体験で ご来訪。

★10月上旬 地元・伝統校・富士宮立 大宮小学校5年生27名 紙漉き体験

総合の教科。往復 路線バス 利用。知り合いの お孫さん 2名も ご参加。

★例年11月~来年3月までの 生産予定。

原料処理の難しい品物・この時期しか生産出来ない品物 等

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,186

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月29日(金)14時26分49秒
  工房だよりNO、186  平成29年10月号

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 第七回文化講演会 ご案内

会期 平成29年11月18日(土)13:30~

会場 JR身延線 富士宮駅前交流センター「きらら」2F

富士宮市中央町5の7   TEL0544-22-8111

参加費 無料

講演者 増田 勝彦 氏(駿河半紙技術研究会 副会長)

仮演題 「増田 勝彦の軌跡 その3」

「ご報告」

★今年は 9月9日(土)でした。彼岸花の 開花。

お彼岸 時期は 敷地内 満開でした。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,185

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月31日(木)07時31分59秒
  工房だよりNO、185  平成29年9月号

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 第七回文化講演会 ご案内

会期 平成29年11月18日(土)13:30~

会場 JR身延線 富士宮駅前交流センター「きらら」2F

富士宮市中央町5の7   TEL0544-22-8111

参加費 無料

講演者 増田 勝彦 氏(駿河半紙技術研究会 副会長)

仮演題 「増田 勝彦の軌跡 その3」

「ご報告」

★先月8月も 東京・横浜から ご来訪 頂き

手漉き和紙の 優位さ 世界に誇れる手漉き和紙の スバラシサを ご説明

★今年の夏は 紙すき体験を 希望される方が 多く 大方 女性の ご参加です。

小学生~大人の方 最低5名様から15名様弱 お仲間と 楽しく体験されました

日本独自の 流し漉き技法 汲みこみで。 お一人お一人 お手伝いさせて頂きました。

天候が 不順の為 板干しの天日乾燥には 時間がかかりました。

★8月19日(土)駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会が 開催され

ベテラン会員の方が ご参加 日本独自の 流し漉き 汲みこみ技法に 挑戦

★現在 来年度 駿河半紙技術研究会 主催 新企画に ついて

理事の方を 中心に お知恵を 拝借しています。

まとまりましたら ご報告致します。 お楽しみに。

★残暑の折 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,184

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 7月31日(月)12時53分12秒
  工房だよりNO、184  平成29年8月号

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会 ご案内

「世界に誇れる 手漉き和紙 制作技術 伝承事業」

開催日時 平成29年8月19日(土)

     9:00~15:00  紙漉き体験 1名 5000円

日本の伝統技法である 流し漉きで 汲みこみ技術を 体験

     平成29年8月20日(日)

     午前中 プレス 参加自由

     13:00~    紙貼り体験 1名 3000円

1枚1枚 刷毛を使い 干し板に 紙貼りを 体験

開催会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

対象 5名様 以内

持ち物 筆記具 タオル 飲み物 昼飯 その他

申し込み 開催の2週間前までに 内藤恒雄手漉き和紙記念館まで

419-0301 富士宮市上柚野907-1   yunotesukiwashi@po3.across.or.jp

内藤恒雄手漉き和紙記念館 TEL&FAX 0544-66-0738

「ご報告」

★九州北部豪雨災害犠牲者・秋田県・青森県・新潟県の豪雨災害の皆様

謹んで お見舞い申し上げます。

★7月下旬 地元・富士宮の方の 主催で 全国大会が 開催され

有志の方 10名弱が ワークショップを 体験されました。

遠路 福岡の方も ご参加。ご説明する中 ノートに書き入れる方が多かったです。

★酷暑の折 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,183

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 6月27日(火)13時59分57秒
  工房だよりNO、183  平成29年7月号

「ご案内」

★駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会 ご案内

「世界に誇れる 手漉き和紙 制作技術 伝承事業」

開催日時 平成29年8月19日(土)

     9:00~15:00  紙漉き体験 1名 5000円

日本の伝統技法である 流し漉きで 汲みこみ技術を 体験

     平成29年8月20日(日)

     午前中 プレス 参加自由

     13:00~    紙貼り体験 1名 3000円

1枚1枚 刷毛を使い 干し板に 紙貼りを 体験

開催会場 内藤恒雄手漉き和紙記念館

対象 5名様 以内

持ち物 筆記具 タオル 飲み物 昼飯 その他

申し込み 開催の2週間前までに 内藤恒雄手漉き和紙記念館まで

419-0301 富士宮市上柚野907-1   yunotesukiwashi@po3.across.or.jp

内藤恒雄手漉き和紙記念館 TEL&FAX 0544-66-0738

「ご報告」

★当方は 全て天日乾燥で手漉き和紙を仕上げて折 時節をみて 制作しております。

★最近 異業種からの 手漉き和紙に 関する「お問い合わせ」「ご来訪」が 多く

インターネットを 介し 他県からの ご来訪が 多いです。

お客様の ご質問に 分かりやすく お答えするよう 努力しております。

★時節柄 ご自愛の程を

 

工房だよりNO,182

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 5月31日(水)13時06分50秒
  工房だよりNO、182  平成29年6月号

「ご案内」

★平成29年度より 駿河半紙技術研究会 主催 実技研修会は

会員様の ご都合の 良い日時で 開催予定です。

「ご報告」

★5月13日(土)平成29年度 駿河半紙技術研究会 総会 開催されました。

13名の ご参加を頂き 遠路 鎌倉市 県内 焼津市 三島市からも

上程した議案に 全て ご承認 頂きました。

美味しいランチを頂きながら ご参加頂いた皆様の 近況報告を。

★国産 みつまたの 原料処理に 時間を さいて 梅雨時 前の 忙しさ。

★時節柄 ご自愛の程を

 

/20