teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


黙斎ウエブサイトについて_続き

 投稿者:柏木恒彦  投稿日:2019年 5月12日(日)19時28分10秒
  私の意向を貴メールに送りましたので、確認をお願い致します。
 
 

黙斎ウエブサイトについて

 投稿者:りー  投稿日:2019年 5月11日(土)14時58分24秒
  柏木恒彦様
お返事頂き有り難うございます。
「りー」こと田中理と申します。
この度、ファイルを送って頂けるとのことで
大変ありがたく思っております。

小生は福岡市で鍼灸を生業としております。
東洋医学の古典を学ぶに当たり江戸時代の解釈本を参照することが多いのですが、
理解を深める為に当時の儒学的なものの捉え方を学ぶ必要性を感じ
黙斎ウエブサイトの近思録と小學の講義録を少しづつ読んでおりました。
あたかも直接講義を受けているかのように感じられ
黙斎が懇切丁寧に説いている儒学の魅力に引き込まれていました。
その後は、大学、論語、孟子、中庸と四書を学んでいこうと思っていた所です。

可能であれば
近思録、小學と四書の講義録のファイルを頂きたく存じます。
大変厚かましいお願いですが
どうぞ宜しくお願い致します。

田中理
d010332@gmail.com

http://omodaka.xsrv.jp/wordpress/

 

黙斎ウエブサイトについて

 投稿者:柏木恒彦  投稿日:2019年 5月10日(金)15時41分8秒
  りー様:
当サイトをご利用していただき、ありがとうございました。私、長らくサイトを開いておりましたが、歳もとり、ここ数年は探求意欲も衰えてきましたので、4月のサイト更新時点を機にサイトを閉鎖しました(サイトもドメインも有料であることも一因)。そんなわけで、現状では申し訳ありませんが復活する予定はありません。尚、必要なファイルがありましたら、メールでお送りさせていただきますが・・・。
 

黙斎を語るウェブサイト

 投稿者:りー  投稿日:2019年 5月10日(金)08時37分43秒
  初めまして、
「黙斎を語る」のウェブサイトを儒学の勉強に活用していました。
現在、閉鎖されていますが、復活の予定はあるのでしょうか。

 

話のついで

 投稿者:すかんぽ  投稿日:2012年12月 1日(土)13時20分15秒
  usotukitunetyann

この前話に出た「聊斎志異]について
扉の言葉には、「芥川龍之介、太宰治をはじめ多くの作家・詩人が、この集に魅せられ、おぼれるまでの愛読を告白しているのも理由のないことではない。時に明るくユーモラスであるかと思えば、たちまち奈落の冷たさを発する。鬼・孤・仙・怪・才子佳人・剣客義人・きびすと接して幽明の境におどり、まこと世界四大奇書の随一たるの名にそむかない}、とあります。確かに、わが方の、今昔や宇治拾遺のおよばない、スケールの大きさと奥深さを備えているのではないか、と思います。訳は柴田天馬、彼がどういう人なのかは分からないけれど、また訳の評価については、色々あると思うけれども、「注」がすごい。usotukitunetiannも負けてしまうかも知れないよ。
久しぶりにあって、よかったです。
 

自由にご使用下さい

 投稿者:柏木恒彦  投稿日:2012年 3月25日(日)06時48分40秒
  べっちゃん 様
私のものでよければ自由にご使用下さい。
念のため文字化けにご注意下さい。

http://mokusai-web.com/

 

初めまして

 投稿者:べっちゃん  投稿日:2012年 3月24日(土)20時20分37秒
  初めまして、突然の書き込み失礼いたします。

易経に関する研究を趣味でしておりまして、
自費出版で易経の本を出そうと考えています。
著書の中で爻辞の原文を掲載したいのですが、
こちらの易経原文をコピーして使用してもよろしいでしょうか?

書き下し文は使いません。白文だけです。

なにとぞよろしくお願いします。

http://seisai-kan.cocolog-nifty.com/blog/

 

どうも、お久しぶりです

 投稿者:市坪  投稿日:2011年 8月 9日(火)03時00分35秒
  どうも。
お久しぶり。
原発に関しては、茨城南部で、布佐の近くなので、ホットスポットです。

電子化について、公開までは考えてなかったですけど、個人間の共有まで制限されるのは、研究者にとって時間のロスですね。

昔、大学の図書館にもない稀覯本を、大学の助手の伝手で別の大学の図書館からコピーを手に入れたことがあります。今では、図書館の連絡があるから、コピーが可能です。

加藤氏の本は再販はありえないけど、資料的には取っておきたいものですよね。悶々。
 

市坪さん ご無沙汰です

 投稿者:柏木恒彦メール  投稿日:2011年 8月 6日(土)05時26分32秒
編集済
  確かに著作権の問題が有りそうですね。2029年まで著作権がありそうです。個人的に電子化して保存しておくのはよいとしても、HPに載せたり他人と共有することはちょっと躊躇します。罰則規定もあるし・・・。ありきたりの感想ではありますが・・・
ところで、茨城に転居していたんですよね。千葉とは隣同士です。原発事故の影響はありませんか?

http://mokusai-web.com/

 

近思録 加藤常賢

 投稿者:市坪  投稿日:2011年 8月 5日(金)22時04分16秒
       近思録 加藤常賢訳があります。
大正十三年ものです。古本屋での価格だと、三〇〇〇円。
これを裁断して画像PDF化して、研究者間のみで共有したいと思います。
旧字体・旧仮名遣いなので需要はないものの、著作権の問題があります。
本棚に20年以上あるので、いっその事、電子化しようと思っています。
どう思われますか。
 

レンタル掲示板
/20